なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

伝統産業ドットコムが
 お届けする

『個人M&A
 養成講座』

    入会案内

サラリーマンを辞めて
 事業を買い取り
 経営者として学びたい人へ!
7月1日から
    募集開始

『個人M&A養成講座』
  

跡継ぎがいない事業を
買い取り、初めて経営を担う人が

必要な知識とノウハウを学ぶ
会員制のシステム。

いつでも、どこでも、お好きな時間に
動画で学ぶことができる
便利な完全オンラインシステム

隙間の時間を有効に使いたい
タイパを重視した方にピッタリ!


これが『個人M&A養成講座』です

『個人M&A養成講座』を
学んだことで自信が
持てるようになる

3つの理由

①経営を担うために必要な
 数字を読み取る力

 吸収できる


②事業を買い取るに際しての
 
不安を解消できる


③事業の血液たる資金調達の
 ノウハウが学べ



次の悩みが
  ある方こそ、
    しっかりと
   学ぶべきです!

・事業を買いたいけど、
 適正金額の計算方法を知りたい。
・売りに出ている事業をどう
   見極めればいいのか、わからない。
・経営を行うために
      必要な知識を持っていない
・事業を買い取って
       失敗をするのが怖い
・決算書を見たことがないので
      経営ができるか不安。

・銀行との付き合い方がわからない。

これらの悩みを
『個人M&A
    養成講座』が
     解決します!
・売りに出ている事業をどう
   見極めればいいのか、わからない。

トップからの
メッセージ

 メインの講師は、事業承継の
分野で
20年の実績と経験、
    ノウハウを培ってきた         
  経営コンサルタントです。
   
 自信を持って皆様を
        ご指導いたします。!

『個人M&A養成講座』は
入会金 49,500円 (税込)
だけで
動画が見放題。
充分に学ぶことができます。

『伝統産業事業引き継ぎ
マッチングサイト』

会員登録していただくと、
入会金は、
38,500円(税込)となります。

入会申し込みはこちらから

講師プロフィール

藤永 悟志
1966年大阪生まれ。
株式会社伝統産業.com 代表取締役
一般社団法人 全国伝統産業承継支援 代表理事
事業承継を中心に行う経営コンサルタント

金融機関、会計事務所、不動産会社を経て、8年間会計事務所系コンサルタント会社で地主・医師・中小企業経営者を対象とした相続や事業承継のコンサルティングを行う。
部門責任者として多くの案件をこなす。

2006年、相続や事業承継のコンサルティングを行う株式会社伝統産業.comを設立し、代表取締役に就任。これまでに100件を超える事業承継のアドバイスを行う。

商工会議所を中心とした全国各地の経営者団体などで事業承継のセミナーや講演会で多くの実績がある。(下記参照)また、書籍の発刊(下記参照)や雑誌の連載(近代中小企業・TKC戦略経営者)にも執筆も行っている。

2018年、全国各地で伝統産業の廃業が相次ぐことから、一般社団法人全国伝統産業承継支援を立ち上げ、代表理事に就任。2020年に伝統産業ドットコムのブランドで『伝統産業事業引き継ぎマッチングサイト』を開設。全国各地の伝統産業の事業引き継ぎのコンサルティングを行っている。

 【講演実績】
   静岡県中小企業団体中央会
   福井県法人会
   掛川信用金庫
   宮崎商工会議所
   今治経済クラブ
   伊那異業種交流研究会
   日本電信電話ユーザ協会
   東京都自動車整備振興会
   石川県商工会連合会
   第一生命保険
   関西アーバン銀行   他多数実績あり    



『個人M&A養成講座』カリキュラム

プロローグ 〜個人が事業を買って独立する時代になった

 1.マーケティングの知識
   ①事業の現状を把握する(3C分析)   
   ②弱者の戦略
   ③「不」の解消にマーケティングのヒントあり
   ④戦略の方向性を決めるクロスSWOT分析
   ⑤『値決め』は経営
   ⑥小さな会社に欠かせない商標戦略
   ⑦小さな会社に欠かせないメディア戦略

 2.決算書などの数字の読み方
   ①貸借対照表
   ②損益計算書
   ③資金繰りの落とし穴
   ④重視するのはPLではなく、貸借対照表
   ⑤キャッシュフロー計算書で見るお金の流れ
   ⑥黒字倒産はなぜ起こる?
           ⑦月次決算を必ずしよう

  3.資金調達を行うポイント
   ①銀行融資を受けるための重要なポイント
   ②キャッシュフローの範囲内とは?
   ③クラウドファンディング
   ④必ずチェックされる個人信用情報

  4.事業を買い取る際のポイント
   ①個人M&Aの取引の流れ
   ②経営戦略を明確に
   ③スキームの選択(その1)株式譲渡
   ④スキームの選択(その2)事業譲渡
   ⑤資金資金計画は大丈夫か?
   ⑥事業を引き継ぐ際の注意点
   ⑦一番恐ろしい『簿外債務』
   ⑧M&Aプラットフォームについて

  5.これからの伝統産業
   ①ものづくりはユーザーイン
   ②これからはエンドユーザーとつながる
   ③異業種とのコラボレーション
   ④技術の横展開(技術の応用)

エピローグ 〜経営とは変化対応業(適者生存)

 

*カリキュラムの変更が生じる場合がありますので予めご了承ください。


よくあるご質問

  • Q
    どのように活用すればいいですか?
    A
    いつでもどこでも、お好きな時間に動画で学習ができます。
  • Q
    何か質問したいことがあった場合、お聞きすることは可能ですか?
    A
    はい。いつでもメールで聞くことができるので安心して学んでください。
  • Q

    事業を買いたい、となった時に相談ができますか?

    A
    はい。伝統産業ドットコムの『事業引き継ぎマッチングサイト』を運営していますので、こちらで無料会員登録していただくとアドバイスができます。
  • Q
    事業を買い取ったあとで、経営のアドバイスを受けることは可能ですか?
    A
    はい。サポートシステムを用意していますので、月額3~5万円程度で経営顧問としてアドバイスをいたします。
  • Q

    卒業するまでにどの程度の期間を必要としますか?

    A
    特に年数に定めはありません。テーマの提供を続ける限り、会員として学ぶことができます。また、各自において自信が持てるようになった時は退会していただいて結構です。

  • Q
    何か質問したいことがあった場合、お聞きすることは可能ですか?
    A
    はい。いつでもメールで聞くことができるので安心して学んでください。